ハンドメイド主婦・ときどき講師の日々の事

洋裁が軸・その他ハンドメイド色々主婦の日々の事

台湾旅行のハプニング、冷や汗ものでした

広告

今日は洋裁からちょっと離れたことを~

初めての台湾旅行でのハプニング

今年の9月、始めての台湾旅行に行きました。

旅行は滞りなく楽しめましたが、ハプニングは2日目に起こりました。

 

大学時代に留学していた娘は色々な国のお友達がいます。

もちろん台湾にも何人かの友達がいます。

家族旅行でしたが、3人のお友達と合う約束をしていました。

私達家族と夕食を一緒にと、2日目に会う予定になっていたのです。

 

2日目は市内観光で、一日中あちらこちらを巡り、夕方ホテルに帰ってきた時はもうぐったりでした。

娘は1時間後に、1人のお友達と会う約束があり、会って、また一度ホテルに戻ってくる予定で出かけて行きました。

ホテルからタクシーで出た途端、娘から連絡があり、あと2人の友達とも同じ場所で会うことになったので、後からタクシーで来て!!と言います。

 

私は娘の友達と会うのを楽しみにしていたので、夫に話したところ、娘達は若い子同士で会ったほうがいいんじゃないか?と言い出しました。

しかなく諦め、娘に連絡したところ、「2人のお土産をホテルに置いたままだから持ってきてほしい」と言われてしまい・・・

でも、かなり疲れていた夫は、やはり行かないと言います。

 

仕方ないので、不安はありましたが、娘からのラインを頼りに、私一人で出かけることに。

フロントでタクシーを呼んで、行きたい場所も伝えて貰い、後は乗るだけ~と思っていたのですが、この後とんでもないことになったのです。

 

この旅行はポケットWIFIを借りていました。

でもこの時、娘が持って出たので、私のスマホは機能せずでした。

 

ここはどこ?

20分ぐらい乗ってタクシーが止まりました。

「えっ???ここ?どう見ても駅なんだけど・・・」

料金をを払ってから、娘が送ってきたスマホの画像をを見せ、「ここ、OK?OK?」と聞いても「OK、OK」と言い、手を払いながら降りろ、降りろと。

仕方なくタクシーを降りました。

 

( 後から娘のお友達に聞きましたが、台湾のタクシーの運転手さんは英語も日本語も話せない人がほどんどだそうです。)

 

で、どうする???

 

しばらく、駅の前でお土産の荷物を2つ持ったまま、ぼーっとしてましたが、はっ!と我に返り、それどころではない!

とにかく誰かに聞いてみよう!と。

(私は全く英語が出来ません。リスニングもまったくダメです。)

 

通りすがりの女の子に、スマホでお店の画像を見せ「ここ、行きたいの~」日本語で聞来ました。

中国語で答えてくれた時に、かろうじて「ステーション、インフォメーション」と言う単語だけが聞き取れたのです。

f:id:momohono5:20161127004459j:plain

 

「テンキューテンキュー」とお礼を言い、駅の中に入っていくと、インフォメーションがありました。

そこでまた、スマホの画像を見せ、またまた日本語で「ここ、行きたいです~」と。

f:id:momohono5:20161127004459j:plain

今度は英語でぺらぺら言われました。聞き取れたのはセカンドエスカレーター、地下3階だけ。

地下3階を英語でなんて言われたか覚えてないですが、そのときは地下3階って理解できたのです。

真っ直ぐ行けとも言われたけど、それはジェスチャーだったかも?

 

一つ目、二つ目と数えて、エスカレーターに乗る前に不安になり、もう一度、近くにいた男性にまたスマホを見せ、確認。

うんうんと頷き、下を指さされたので間違いない!!と降りて行きました。

 

この画像を添付して気がつきました!B3Fってあるじゃないですか!!

そのときはとにかく焦っていて、全く気がついていませんでした。

f:id:momohono5:20161127004459j:plain

 

着いたところは、大きなフードコートのようなところ。近くをウロウロしてもお店がない・・・・えーーーーなんで??

 

今度はお土産物屋さんのおばさんに、5回目のスマホの画像を見せたところ、日本語で「ずっとまっすぐ~」と反対側を指さされて教えてもらいました。

今度は日本語で「ありがとう!!」と言って、目的に向かって歩いて行きました。

f:id:momohono5:20161127004459j:plain

 

いたーーーーーーー!!!いました、会いたかった娘が!!店の前に。

本当にほっとして、「ちょっと~大変だったのよ~~」という暇もなく「もうお料理も来て、待って貰ってるから早く、早く」と連れて行かれました。

 

スマホは使えない、英語も中国語も話せない、ずっと緊張してて、大げさではなく、本当に生きた心地がしなかったんですよ。

詳しく話しても、「ちゃんと来れんやからいいやん」とあっさり・・・

ちょっと、ちょっと!こんなに苦労して来たのに、何その言い草!!

 

でもほんと、英語が話せるって羨ましいとつくづく思いました。

ここまで苦労しなくてもいいですもんね。

でも、話せるように努力するつもりは、これっぽっちもありません。

無理なのが解ってるから。

こらからも娘におんぶにだっこで、くっついていきます。

 

何故タクシーの運転手さんは駅で私を下ろしたのか?

お店は駅と直結したデパートの地下にありました。

だから間違った場所ではなかったのです。

でも、もう少し先の角で下ろしてくれたら、お店の看板も出てたので、こんなに肝を冷やすことはなかったでしょう。(駅もデパートも大きかったのですね)

夕方ですごく混んでたから、止めやすいところで下ろされたのかもしれません。

 

私にとってはとんだ災難な出来事でした。

今思い出してみても、一生忘れられない旅の思い出です。