ハンドメイド主婦・ときどき講師の日々の事

洋裁が軸・その他ハンドメイド色々主婦の日々の事

病気になってわかったこと・がん保険・医療保険は何が良いのか?うちはこんな感じです

広告

家族が加入している保険は

  • アフラック

アフラック公式資料請求ページ(がん保険)|アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)

アフラックのがん保険と医療保険。

入院日額は、がん保険が10000円、医療保険が5000円

医療保険に手術給付金付き。

  • 明治安田生命生命

明治安田生命の生命保険の医療特約。

医療特約は入院5日目から1日5000円。

手術給付金付き。

  • チューリッヒ

チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアム|チューリッヒ生命

通院給付金と、抗ガン剤などの治療給付金。 

 

3つの保険について

 チューリッヒのがん保険は、今年の2月に馴染みの銀行員さんから頼まれて入ったものでした。

アフラックのがん保険が、夫に付随している家族型なのと、かなり昔の保険なので、今の医療に適応できるようにチューリッヒのがん保険を増やしたのです。

(保険料は2000円以下)

 

そのチューリッヒのがん保険の通院給付金が入院前の通院にも適応されることがわかりました。

入院前に、初診を含め4回外来し、合計45000円ぐらいかかりました。

この4日間分も、1日5000円負担してもらえるので、とても助かります。

そして保険料免除(今後保険料を払わなくてよい)も付いていました。

 

アフラックと明治安田生命の保険で、入院1日めから4日間は日額15000円、5日目からは20000円あるので、安心して個室に入れました。保険様さまです。 

 

 

夫の場合

夫が急性骨髄性白血病になった時(夫婦でがんになってしまいました)に、加入している保険の好し悪しがはっきりわかりました。

再発の危険性があるがんには、がん保険じゃないと駄目だということが。

 

夫は半年間入院治療し、この入院で支払い限度日数(当時は120日分)を使い果たしました。

無事寛解して退院しましたが、その後176日で再発しました。

通常の医療保険は6ヶ月(180日)経過しないと、同一の病気とみなされて、給付金支払い対象になりません。

その点、がん保険はいつでも、何度でも、いつま迄も支払われます。

 

明治安田生命の保険料は毎月4万円ぐらい支払っていましたが、最高日額120日分支払われ、その後の入院は一切支払われませんでした。

通常、医療保険は通算で720日分は給付金が支払われます。(今はもっと増えているのかもしれません)

 

でも、これは同じ病気なら180日経過しているか、6回別の病気になって、それぞれ限度日数の120日入院したら全て使える保険なんです。

そんなの絶対無理ですよね。

 

夫は入退院を繰り返し、入院期間は合計するとほぼ一年ぐらいありました。

再発の日数など関係なくすべての期間支払われたのが、がん保険です。それもエンドレスです。

がんには絶対がん保険です。

そんな経験があって、保険はちゃんと入っていました。

 

娘の場合

娘もその時期に、アフラックのがん保険と医療保険に入れました。

診断給付金、手術給付金、入院給付金、通院給付金などをベースに入りました。

この時色々欲張ってはいけません。最低限でいいのです。

 

中学だったので、保険料はどちらも1000円未満だったような、とにかく安かったです。

一生変わらない保険料なので、この保険をベースにして、ライフスタイルに合わせ足していけはいいと思ってます。

このまま渡しても、文句も言われない金額なので、問題なく払っていけるでしょう。

 

使わないのが一番

まさか自分も使うことになるとは、、、

でも今、2人に1人ががんになる時代です。私がなっても何の不思議でもない。

保険料がもったいないね〜と言ってる時はとても幸せだったのだと思います。

 

幸せな時にきちんと見直しを~