読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイド主婦・ときどき講師の日々の事

洋裁が軸・その他ハンドメイド色々主婦の日々の事

【体験談】がん保険はどこがいいのか?チューリッヒはお勧めです

広告

以前、保険について書いた、この記事の続きです。

 

www.momohono.xyz

 

 

 

実際いくら支払われたか

みなさん、気になりませんか?

詳しくご紹介したいと思います。 

病名 大腸がん

手術 腹腔鏡

入院日数 12日間

入院までの通院 4日間

初診11月17日・内視鏡検査日11月30日・CT検査12月1日・透視、造影剤検査12月7日

    

アフラック

夫が主体のがん保険(家族型で加入)・終身払い

保険料(二人分)年払い37600円 (月約3133円)

支払われた給付金

診断給付金 600,000円

入院給付金 12日間×10,000円=120,000円

 

医療保険・終身払い(60歳以降、保険料が半額)

保険料 半年払い 24190円 (月約4031円)

支払われた給付金

疾病入院給付金 12日間×5,000円=60,000円

手術給付金 200,000円

アフラックからの支給額合計

980,000円

 

今後支払われる予定の給付金 

どちらも半年間の通院給付金(5,000円)がついていますので、1月12日から6月12日までの通院給付金が支給される予定です。

10,000×8回=80,000円

(前回1回休みになり、ずれると思うので、多分7回分しか支給されないはず)

 

明治安田生命

生命保険(500万の死亡保障と100万の終身保障付・73歳払込満了)の医療特約 

保険料 年払い 78,610円 (月約6,550円)

支払われた給付金

疾病入院特約 8日間(入院5日目から支給される)×5,000円=40,000円

手術給付金 200,000円

明治安田生命からの支給額合計 

240,000円

他は付いていないので、これで終了です。

 

チューリッヒ生命

保険料 月払い 1,654円

支払われた給付金

抗がん剤・ホルモン剤治療給付金 1ヶ月150,000×2ヶ月分=300,000円

がん通院給付金(初診から入院までの通院が充当します)4日間×5,000円=20,000円

保険料返金(がんと診断されると以後保険料が免除になります) 3,308円

チューリッヒ生命からの支給金額

323,308円

 

今後支払われる予定の給付金 

抗がん剤・ホルモン剤治療給付金は6ヶ月間支給されますので、今後、3、4、5、6月分が支払われます。

4ヶ月分×150,000円=600,000円

 

まとめ

チューリッヒ生命の保険は17年の2月に、馴染みの銀行員さんに頼まれて入った保険でした。

保険は、夫が白血病になったことから、がん保険、医療保険(先進医療特約付き)生命保険、年金保険と沢山入っていました。

 

アフラックのがん保険を強化するために、通院給付金が日額10,000円出る保険を追加していました。

保険料が2,000円未満で、そのアフラックの保険をチューリッヒ生命に乗り換えたのです。

そのままのアフラックの保険だと、支給額は、通院8回×10,000円=80,000円ということになります。

 

チューリッヒの保険は、保険料が1,654円で、乗り換えるには丁度良かったのです。

その結果、がん保険の強化ができ、今の医療にあったものにすることが出来ました。

実際の保険料は10ヶ月ほどしか払ってません。

もう、びっくりするほど、私の病気にぴったりの保険でした。

 

実際、私の周りでがんになっている人も、今はほとんどが通院治療です。

乳がんの人が周りに本当に多いのですが、やはり通院でホルモン剤治療などをされています。

 

古い保険は保険料が安く、基本の保証が付いていれば、それはそれで価値があると思います。

それプラス、今の医療に合った保険を増やすこと、やはり見直しはとても必要だと思いました。

 

みなさま、健康なうちに、保険の見直しを強くお勧めします。

 

こちらもどうぞ~ 

保険見直し 無料相談