読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイド主婦・ときどき講師の日々の事

洋裁が軸・その他ハンドメイド色々主婦の日々の事

同じパターンで作っても布が変わると別物が出来ます

広告

シンプルなカットソーパターン

このパターンはどの本にも載っているような、シンプルなカットソーのパターンです。

布を変えると色々な表情を見せてくれます。

 

袖だけを別布に

見頃は、一度だけ着てやっぱり似合わないからと思い、解いた市販のノースリーブの紺ワンピースでした。

着るととてもすっきりと見えて、好きな一枚になりました。

f:id:momohono5:20170501202953j:plain

 

見頃と袖を変えてみた

こちらは赤と黒の残布を使ったもの。

f:id:momohono5:20170501203003j:image

 

後ろ見頃の上部分は、あえて横生地を使い、まるでコンシーラファスナーを使っているように仕上げました。

自分用なので、好き勝手に遊べます。

これも気に入りましたが、今の季節には暑苦しいですね。

f:id:momohono5:20170501203011j:image

 

ボーダーカッソー 

そして、この記事のボーダーカットソーも、同じパターンです。

 

www.momohono.xyz

 

 

ボーダーのカッソーは襟布が見えるように付いています。

襟ぐり布を中に折り返して縫ってしまうだけで、カジュアルからおしゃれな感じに変化します。

生徒さんにも、これとこれとこれは同じパターンだと説明すると、びっくりされます。

とても同じパターンだとは思えないからです。

 

自分に合う、気に入ったパターンで、何枚も作る人が沢山いるのは、そのせいですね。

たまたま、昨日みえた生徒さん達が、同じパターンの服を着ていました。

このお二人は元々私の友人なので、夫も顔見知りです。

帰る時に、「Kさんと、Oさんの今日の服、同じパターンなのよ」と言うと、「生地が違うと全く違うように見えるなぁ」と夫もびっくりしてました。

 

続けて同じ物を作ると、手順がわかっている分、作る早さも増し、早く出来ます。

そして自分が似合う気に入ったものが出来、人からは同じものに見えなという、一石二鳥ならず一石三鳥になります。

同じパターンで作っても別物が出来る、作る醍醐味の一つだと思います。