読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハンドメイド主婦・ときどき講師の日々の事

洋裁が軸・その他ハンドメイド色々主婦の日々の事

タイトスカート作りましたが、履けないことが判明、どうしたか?

広告

定番タイトスカート

コクーンワンピースの残布でタイトスカートを作りました。

このコクーンワンピースの記事はまた後日~

f:id:momohono5:20170510132454j:plain 

いつもの様に作り、あとはウエストのゴムを入れるだけ。

ところが、、、

なんと!このスカート、お尻が入りませんでした。

いつもMサイズで作っている生徒さんです。

 

今まではちゃんと入っていましたが、このピンストライプの生地は、縦は伸びず、横の伸びも少ない生地でした。

ウエスト布は2つ折りになっており、スカートの生地とも合わさって、余計に伸びが少なくなったようです。

 

お尻でつかえて入らない!

どうしましょう?ということになり、1番簡単な方法でお直ししました。

この方法は、市販の入らなくなったスカートにも応用出来ます。

 

お直しの仕方 

まずはウエストのベルト部分をほどき、ベルト布は捨てちゃいます。

スカートの裏地と表地を中表に合わせ、ロックミシンで縫い合わせます。

表に返して、裏地が表に出ないようにクリップで止めて、表から直線ミシンで端ミシンをかけます。

f:id:momohono5:20170510132503j:image

 

端ミシン

こんな感じ。

f:id:momohono5:20170510132513j:image

 

完成品

はい!出来上がり!!

f:id:momohono5:20170510132520j:image

これで、ウエスト部分が表布と裏地だけになり、少し伸びもよくなり無事履くことが出来ました。

 

市販のスカートの場合は、ファスナーが付いているので、そこの処理を丁寧にすれば大丈夫です。

ファスナーの上に小さいホックを付けてもらうと完璧ですね。

 

サイズアウトしたスカートを、この方法で沢山手直ししてましたが、断捨離の時に貰ってもらったり、捨てたりで、探しても残っていませんでした。

残念!!

 

ウエストを見せて履くものなら、こんな直し方はちょっと・・・と思いますが、私を含め皆さん、ウエストラインは見せませんからね。

これで充分、大丈夫です。

お腹のお肉もベルトに乗っからないので、お腹の段差もできなくてとっても履きやすいのです。

 

ウエストは甘やかしてはダメらしいので、本当はこんなスカートばかり履いいていては行けませんけどね~