ハンドメイド主婦・ときどき講師の日々の事

洋裁が軸・その他ハンドメイド色々主婦の日々の事

抗がん剤治療、7回目も無事終了しました

広告

抗がん剤治療、7回目

いつものように、朝、7時45分頃家を出ました。

着いたのが意外と早くて8時。

今日の予約番号は、過去最高に早い番号で25番。

血液検査の番号は17番。

 

血圧の数値 

いつも、外科外来で体温と血圧を測ります。

血圧は自宅でも毎朝測っています。

だいたい、110台から130台の間。

治療中のノートに血圧を記入する欄があり、先生にいつもら見て頂いているので、病院で測った血圧については何も言われたことはないです。

でも、病院で測るとビックリするぐらいいつも高いのです。

本当に高血圧のように高い。

でも、今日は上が130で、まともな血圧でした。

病院にも、やっと慣れたのかな?という感じですね。

 

気になることを聞いてみた 

診療は9時10分から、終了は9時20分。

気になることを、ちょこっと聞いて、笑われました。

何を聞いたかと言うと、アルコールを飲んでもいいか?ということ。

先生は、「全然だいじょうぶ!!、元気になってきた証拠やなぁ~」と。

休薬の時に、ちょぴりワインを飲んじゃおうかなと、ほくそ笑んでます。

 

化学療法室 

化学療法室、9時半で一番乗りでした。

先に吐き気止めの錠剤を飲み、実施が10時5分から。

すっごく順調で、看護師さん達にも「今日は早く帰れるね」と言われてました。

が、30分の吐き気止めの点滴が終わり、抗がん剤を流し初めて、半分ぐらい減ったぐらいから、腕が痛み始めました。

 

血管痛

今まで感じたことの無い痛みです。

それが、血管痛というものでした。

 

いつも点滴の間中、血管痛が出ないように腕は温めてもらっています。(ソフトアイスノンの暖かい版)

今までは何とも無かったのですが、やはり、治療が重なってくると、血管が傷んでくるようです。

 

左右交互に使ってますし、血管も変えて貰ってますが、ダメみたいですね。

点滴をゆっくりと落として貰って少し収まりました。

ありがたいことに、腕の温めも、ひっきりなしに変えてくれるので、どうにか進めることが出来ました。

 

点滴がゆっくりになったので、時間は余分に1時間ほどかかったのと、腕を温めていると、身体が暑くて暑くて、汗びっしょりになってしまいました。

でも、そんなことは、大したことではありませんけどね。

 

終了したのが1時45分。

お会計を済まし、調剤薬局が2時15分で終了、今日はここも早かったです。

自宅帰宅、2時半でした。

前回から、終わると身体のだるさがあり、少しめまいもします。

帰ってからはぐったりで、ずっと寝てました。

 

ラスト1回 

ラスト1回なりましたが、血管痛がどうなることか・・・・

今でも、まだ痛みとしびれが残っています。

腕を曲げると、余計に痛いです。

新品の薄手のレッグウォーマーがあったので、2枚重ねで腕に通してますが、ダメですね。

f:id:momohono5:20170519122253j:image

 

私は、今まで採血でも、血管が太くて、とても取りやすいと言われていました。

腕の内側の血管も看護師さんから「見やすく、綺麗に3本並んでるので入れやすいわ」と言われてました。

抗がん剤は、回を重ねると大変になるとは聞いていましたが、ここに来て初めてわかりました。

薬って、ある意味毒ですものね。

 

泣いても笑っても後1回なので、頑張れると思います。

頑張ろぉーーーー!!