ハンドメイド主婦・ときどき講師の日々の事

洋裁が主・その他ハンドメイド色々・旅行も大好き主婦の日々の事

ラスベガス旅行記・5日目、絶対見るべき素晴らしいショー「ル・レーブ」

広告

ラスベガス旅行5日目です。

4日目まではこちらからどうぞ~

 

www.momohono.xyz

 

ル・レーブ 

水を駆使した迫力のショー「ル・レーブ」を観ました 。f:id:momohono5:20170730132758j:image

 

「オー」から「ル・レーブ」に変更 

モンテカルロホテルでチェックイン待ちをしていた時に、後ろに並んでいる方が日本の方でした。

夫が少し話をしてたら、ラスベガスは何度も来ているという通の方。

母親らしき方と一緒だったのですが、聞けば叔母さんだと言います。

なんと!御年93歳のおばあちゃん。

年に7回は海外旅行しているという強者。

凄いです。

 

その方に、「ル・レーブ」が良いと言われました。

娘が前回、シルクドソレイユの「カー」を見たので、今度はシルクドソレイユの「オー」を見るつもりにしていたのですが、急遽、「ル・レーブ」を見ることに変更。

 

こちら、聳え立つベラッジオホテル、「オー」のadvertising sign (広告塔)

f:id:momohono5:20170730135246j:image

 

ホテル・ウィン

「ル・レーブ」はホテルウィンで開催されています。

そうそう、最初に泊まっていたルクソールホテルでは毎日「ブルーマンショー」が、MGMホテルでは、「デビット・カッパーフィールドのマジックショー」が開催されてました

f:id:momohono5:20170730132925j:image

このホテルもかなり高級な感じの素敵なホテルでした。

ちょこっとだけドレスアップして、出かけました。

 f:id:momohono5:20170730135122j:image

迫力満点のショー・「ザ・ドリーム」

ショーは動画はダメですが、写真は取り放題。

でも、写真ではあの素晴らしさは伝わりませんね。

 

総勢70名のパフォーマー達が円形劇場のプールに飛び込んだり飛び出したり、幻想的なBGMと息もつかせぬ演出は見ごたえ充分で、本当に素晴らしかったです。

 

こちらはパンフレットです。

ストーリーは、主人公らしき女性の夢の中という設定のようでした。

f:id:momohono5:20170730135335j:image

 

チケットは1人140ドルと少しお値段が張りますが、それだけの価値は充分ありました。

日本円で49000円の請求がきてたので、ちょっと驚きましたけどね。 f:id:momohono5:20170730133057j:image

ショーって一つ見ると、次から次へと見たくなります。

でも、お財布が耐えられません。

次の時は、ショーは2つは観たいです。

次があるかどうかはわかりませんが・・・(くどい?)

 

カジノ・カクテルウエイトレス

その後、夫はウィンのカジノでずっと遊んでました。

私と娘もちょこちょこ遊びました。

ワインを飲んで、ピニャコラーダを飲んでまさに大人の遊びって感じですね。

ピニャコラーダ、初めて飲みましたがフローズンで美味しかったです。

f:id:momohono5:20170730133208j:image

カジノは飲み物がすべて無料です。

好きなものを頼んで、チップを渡すだけ。

 

飲み物を持ってきてくれるカクテルウエイトレスは、どのホテルでもボディコンシャスなユニホームです。

面白いことに、ホテルのグレードが上がると、当然の如く、カクテルウエイトレスの容姿やスタイルのグレードも上がっていきます。

最初に泊まったルクソールホテルのカクテルウエイトレスは、年齢も高く、私でも出来そうと思っちゃいました。

 

アルコール好きの私は、色々なカジノで色々なカクテルを飲みました。

抗ガン剤の薬を飲んでいる事を、完全に忘れてたわ〜

 

その後夜遅く、ホテルに戻りました。

結果、最終日の朝をゆっくり寝て過ごしてしまいました。

 

最終日に続く〜