ハンドメイド主婦・ときどき講師の日々の事

洋裁が主・その他ハンドメイド色々・旅行も大好き主婦の日々の事

2019/7ロシア・ ウラジオストク旅行・3日目

広告

ウラジオストク旅行・3日目

本日は雨が上がり、少し日差しもあり昨日より寒くない。

昨日、とっても美味しかったので、朝食をウフティブリンにブリヌイを食べに行きました。

ウフティブリンの外観

f:id:momohono5:20190722165140j:image

 

朝食なので、ご飯系のブリヌイ。

サーモンとイクラのブリヌイ絶品でした。

f:id:momohono5:20190711203600j:image

こちら、サーモンとキューリ。
f:id:momohono5:20190711203607j:image

イクラたっぷりのブリヌイ。

これでもかっ!というぐらいイクラがいっぱい入ってましたよ。
f:id:momohono5:20190711203603j:image

とても美味しいのに、リーズナブル。

このお店、ほぼ韓国人しかいない。

韓国人御用達のお店かしと思うぐらい。

私達以外は、見事に韓国人の女の子達でした。

 

ガラスのビーチ

今日のメインは、ヤンデックス(ロシアのウーバー)でガラスのビーチに向かうこと。

市内から、田舎道を走り、約40分ぐらいで到着。

ビーチには道路から降りて行くんですが、もうその辺から沢山のシーグラスが落ちてまました。

写真を撮っておけば良かったな。

f:id:momohono5:20190711203759j:image

浜はもう一面のシーグラスです。

バケツですくったとしてもほとんどシーグラス状態。

f:id:momohono5:20190711203816j:image

気温16度ぐらいだけど、凄い風で体感温度はもう少し低め。

なのに家族連れが泳いでたんです。

これには本当にビックリしました。

やっぱり寒いらしく、すぐに海から上がって来ましたけどね。

入ろうと思うことにビックリです。

 

往復一時間以上かかり、30分待機して貰って、料金はたったの1300ルーブル。

ヤンデックスの運転手さん、運転しながら、値段交渉してきます。

待ってるから〜、待ってる時間によって料金変わるよ〜とか。

とにかく安いです。

 

市内に戻り、鷹の巣展望台で降り、絶景を見ました。

風が強くてまともな写真なんて撮れなかったですが、景色は大丈夫です。

夜に来るともっと綺麗だと思う場所でした。

ウラジオストックのシンボル「金角湾大橋と金角湾」

f:id:momohono5:20190711203858j:image

鷹の巣展望台


f:id:momohono5:20190711203854j:image
f:id:momohono5:20190711203902j:image

ロシアも中国人多いけど、全体的に韓国人の方がもっと多い。

私達もタクシーに乗るたびに、コリア?コリア?と聞かれましたね。

メニューとかもロシア語とハングル語の表示があるんです。

ロシア語は全く読めないから結構大変。

頼りの綱はGoogle翻訳でした。

 

路線バスに乗る

娘が経験値を上げる為に、バスも乗ってみようと。

小さいマイクロバスで、行先の番号が付いてます。

もちろん大型バスも走ってますが、小型も沢山走ってました。
f:id:momohono5:20190722165253j:image

バスの中の様子。

f:id:momohono5:20190722165250j:plain

降りたい辺りで前に行くと止まってくれます。

ちゃんとお釣りもくれます。

海外のバスでお釣りをくれるって珍しいですよね。

 

ホテル近くに戻って、コーヒーブレイク

f:id:momohono5:20190801201055j:image

こちらのお店もリーズナブルです。
f:id:momohono5:20190801201103j:image

ロールケーキとか27ルーブル(50円以下)からある。
f:id:momohono5:20190801201040j:image

こちらでは、ピロシキを食べました。

ピロシキの種類もたくさんありましたが、ピロシキは中身が見えないので、選ぶの大変です。

お腹が空いていて、かぶりついてしまいました。

ウインナー入り。
f:id:momohono5:20190801201050j:image

こちらはジャム
f:id:momohono5:20190801201059j:image

可愛いお店でした。

本当にカフェが多い町です。

 

夕食はシーフードレストラン

最後の晩餐はシーフードレストラン、ピャーティオケアンで。

ホテルから海沿いを歩いて行くと、辿りつけました。

f:id:momohono5:20190801200349j:image

可愛いお店です。

f:id:momohono5:20190801200314p:image

ここの定員さん、とても流暢に英語を話しました。

娘が、ロシアで初めてこんなスムーズな英語を聞いたわと。

記念にぱちり。

f:id:momohono5:20190801200426p:image

ハイネケンを頼んだところ、美味しいロシアビールがあるよ。

そっちの方がお値打ちだしと教えてくれるので、そちらにしました。

結果、癖も無くとても美味しいビールでした。

f:id:momohono5:20190801200522j:image

ビールに合うおつまみとお勧めされた、かりかりの黒パンスタックとオニオンマヨネーズみたいなソース。

これが本当に美味しかった。

ビールに合う合う!!

f:id:momohono5:20190801200555j:image

サーモン

f:id:momohono5:20190801200712j:image

ホタテ
f:id:momohono5:20190801200634j:image

蟹〜
f:id:momohono5:20190801200641j:image

とっても美味しかったし、1940ルーブル(約3300円)ですごくリーズナブルでした。

 

3日目も行きたいところはほとんど行ったかな。

ウラジオストクは小さい街なので、3泊4日で充分満喫出来ました。

最終的に続く〜